買い物カゴ

商品数:0点

合計:0円

カゴ中を見る

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

花の贈り物Q&A

プリザーブってどんな意味?

プリザーブとは日本語で保存するという意味です。

長く楽しむコツは?

湿気は禁物です。直射日光は色あせのもとですので避けてください。

長期間楽しめるっていうけどどれくらい?

どんな場所に飾られるかによってかなり違いますが、いい状態で飾られていれば間違いなく数年は楽しめます。
10数年色あせなく飾られているものもあります。

どんな種類がありますか?

グリーンものが多いのですが、現在、二百数十種類くらいです。
種類はどんどん増えています。そのうち、花物は数種類しかありません。
ローズとカーネーションがメインですが、あじさい、シンビジウム、デンファレ、ライスフラワーなどがあります。

今後、増えるお花はなんですか?

ラン、ユリ、チューリップ、ひまわり、ジンジャーなど、メーカーでは製品化に向けて開発中です。

どのようにして作られるのですか?

植物の一番美しいときに刈り取り、すぐに樹液を取り除き、人体に無害な有機物と色素のプリザーブド液にひたします。
植物によって数時間から数日間、液を吸わせます。ドライフラワーと違って、グリセリンの成分でやわらかさがいつまでも残っていて、フレッシュと間違えてしまうほど自然に仕上がっています。

いつ頃から製造されているのですか?

20年前頃からイタリアでグリーンものをやりはじめました。フランスでは花物を作りはじめました。

他にはどのように使われていますか?

欧米では特にグリーンものが多用されています。90年代からファッショナブルな空間での需要が多くなっています。
例えば、ラスベガスのホテルや香港空港ロビーでは、数メートルのパームヤシが多数設置されています。誰もプリザーブド素材とは気が付いていないと思います。
pagetop